ペルー セコバサ

620円(税込670円)

定価 620円(税込670円)

100グラム200グラム
数量
購入数

ペルーのサンディア渓谷にある生産組合セコバサ。とてもクリーンで、キャラメルや蜂蜜、アプリコットを思わせる甘く柔らかい風味が広がります。

ペルーは日本ではコーヒー生産地として有名ではありませんが、南北にアンデス山脈が貫いており、全土でコーヒー生産が盛んです。いくつかの生産地域がありますが、今回ご紹介するのは南部のプーノ地域サンディア渓谷にあるCECOVASA(CEntral de COoperativas de agraria cafetarelas de los VAlles de Sandia=サンディア渓谷コーヒー組合)のコーヒーです。
元々標高3,800mの高地に住んでいたアイマラ族は、1930年代のラニーニャ現象の影響を受け肥沃な低地を求め、この地(標高1,600m程度)に移ってきました。このアイマラ族によりボリビアで植えられていたコーヒーが移植され、コーヒー生産が開始されました。品種は在来種が多く、この地のコーヒーがペルーの他のエリアと異なるエキゾチックな風味特製を持っている所以です。
組合では品質管理が徹底されており、アメリカの品評会でも非常に高い評価を得ています。

【風味の特徴】
とても柔らかい酸味があり、刺々しいところが全くない、フワッと広がる独特なフルーツ感が楽しめます。プラムやアプリコットを思わせるフルーツ感、キャラメルフレーバー、蜂蜜やシロップのような甘さと、滑らかな口当たりが特徴です。
このユニークな風味をぜひ皆様に味わっていただきたいと思います。

生産地   プティナ・プンコ サンディア渓谷
生産者   組合所属の生産者
標高   1,300〜1,600m
品種   ティピカ・カトゥーラ
精製方法   フーリーウォッシュド

数量
100グラム200グラム