ミャンマー ユワンガン ナチュラル

667円(税込720円)

定価 667円(税込720円)

100グラム200グラム
数量
購入数

世界が注目する生産国ミャンマー。赤ワインを思わせる、クリーンで甘いナチュラルコーヒー。

ミャンマーには1930年代に宣教師によってコーヒーが持ち込まれました。1980年代から政府の支援もあり生産量が伸びていき、近年になると国際的な支援もあり、スペシャルティグレードのコーヒー生産ができるようになりました。いくつかの産地のうち、シャン州ユワンガンは、温暖かつ乾燥した気候のため、ナチュラル方式(コーヒーチェリーのまま乾燥させる方式=非水洗式)が向いているとのことです。2016年にこのナチュラルコーヒーがアメリカに輸出されると、高い評価を受け、ミャンマーは一気に生産国として注目を集めることとなります。ほとんどの生産者は小規模な2〜3Haの農地を所有し、収穫したチェリーは精製所に持ち込まれて精製されます。

【風味特性】
今回初めてユワンガンのコーヒーを焙煎しましたが、その均一性に驚きました。通常ナチュラルプロセスのコーヒーはウォッシュド(水洗式)に比べ不良豆が多いものですが、焙煎後のハンドピックがほとんど必要ないほどでした。風味も大変にクリーンで、ナチュラルらしい赤ワインやベリー、チェリーを思わせる豊かな果実味と甘さが存分に感じられます。

生産地   ミャンマー シャン州ユワンガン地区
生産者   ユワンガンの小規模生産者
標高   1,300〜1,600m
品種   カトゥーラ、カトゥアイ、サンラモン、s795
精製方法   ナチュラル

数量
100グラム200グラム